PB Tarp 10×10 "DoubleTarp"
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

PB Tarp 10×10 "DoubleTarp"

¥24,200 税込

送料についてはこちら

  • tan

  • red

  • olivegreen

  • gray

PB Tarpの中でも最も大きなサイズのタープが「10×10」です。 3m × 3mというスクエアな形状は様々な用途で使えながらも、バックパッキングで持ち運べる最大のサイズです。 単体使用では小屋掛けやハーフピラミッドだけでなく、シェルターの様に張れば2人での就寝も可能なダブルサイズのタープです。 シェルター張り、所謂、ステルス張りとも呼ばれるルーミーな張り方は2人での積極的な利用が可能です。森林限界下における森の中のテント場であれば出入り口を森側に向ければプライバシーも確保できます。 ハンモックとの組合せならばウインタータープと呼ばれるフルクローズなルーフにも対応します。 菱形に張れば対角線は4.2m。長めのハンモックや雨の日のハンモック・キャンプにも積極的に屋根として運用が可能。 ハンモックでの用途がメインであればこの10×10 Tarpをお勧めします。 *バックパッキングできる重量、そしてコンパクトさ *シェルターとしても、ハンモックルーフとしても、宴開幕としても使用できるサイズ感 この2点が「10×10」の特徴です。 さらに大きなサイズのタープも縫製する事は可能です。しかし、大きくなればなるほど風を孕んだ時の、各ループ箇所にかかる負荷は大きくなります。その点においてもJMWにおける20dシルファブリック・タープでの実用的な最大サイズがこの10×10 Tarpになります。 2人用シェルターとしても、ハンモックルーフとしても。 PB Tarp 10×10 サイズ:3.0m × 3.0m 重量:400g( ±10g スタッフサック[7g]含む) 19箇所のループを装備 *JMWのPB Tarpシリーズはシルナイロン・シルポリの20d・ダブルリップストップ生地を採用しています。軽量で耐引き裂け強度がある軽量な生地です。表裏がなくPUコートがされていないのでコートの剥がれや加水分解等のベタつきは一切ありません。滑りが良いのでコンパクトに収納もできるのがシルファブリックの特徴です。 縫製においても針、糸、ピッチなど設定し、最良なセッティングを導き出し、縫製においても張り合わせにおいて針穴が露出しないダブルのフレンチシームで縫製、パーツのセレクト等、JMWの長いテント製作の技術と経験で縫製されています。