PB Tarp 5×8 FactoryTuned "for oldskool UL hiker"
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

PB Tarp 5×8 FactoryTuned "for oldskool UL hiker"

¥15,400 税込

送料についてはこちら

  • tan

  • red

  • olivegreen

  • gray

◆イベントポップアップでのカスタムオーダー製作を優先しているため、JMW web shop オーダーを現在受け付けておりません(2021.10.4.) 「再入荷お知らせ」にご登録いただくと、JMW web shop オーダー再開時にメールでお知らせが届きます。 ULハイカーの定番タープ、といえばシングルタープ「5×8」。 1.5m × 2.4mの1枚布。そんなシングルタープをオーバーナイトハイキングに積極利用する、日本のオールドスクールULハイカーに向けて多彩な張り方に対応する為にループの数を増やした、JMWファクトリーチューンモデルです。 2020年秋から受注を行っていたPB Tarpのプレオーダーにおける、ハイカーからのカスタムニーズとJMWの経験からディテールをフィックスしました。 5×8サイズの大きな特徴として、生地の張り合わせがなく、1.5m幅のシルナイロン&シルポリ生地をフルに使ったセンターシーム無しのミニマムなサイジング、があります。 160g(サック込み)というウインドシェルの様な重量とコンパクトなスタッキングが可能になります。 そんな5×8の定番の張り方が「ハーフピラミッド」。 手順としてはこんな感じです。        1)片面の長編左右ループをペグダウン 2)もう片方の長編センターに2,3mのガイラインを結んだらトレッキングポール、もしくは木の枝で立上げる。 3)立上げた側の左右ループをペグダウン。もしくは左右のループに用意した50cmのガイラインにペグダウン。 4)タープの中央ループを2,3mのガイラインで張る。 全天候型の「ハーフピラミッド張り」ですが、雨風が酷い時は同じ手順を短編で行う「キャスケット張り」がおすすめです。引く張れば更に対候性が上がる張り方です。 他にもドームテントやシェルターを向かい合わせで張った上のルーフタープとしても、160gと軽量なシングルタープ(1人頭80g計算)ならではのサブ的な使い方もおすすめです。 PB Tarp 5×8はシングルタープでは珍しい15個ものループ付き。 5×8をオーバーナイトハイキングに積極的に持ち込む、日本のオールドスクールULハイキング・スタイルの為にJMWのファクトリーチューンを施したカスタムエディションです。 生地について。 Tan & Red はシルポリ20d olivegreen & Gray はシルナイロン20d カラーにより生地のセレクトをかえました。 張りのあるシルナイロン しなやかなシルポリ と、言いつつもタープでの使用感に違いは殆どありません。 PB Tarp 5×8 サイズ:1.5m × 2.4m 重量:160g (±5g スタッフサック含む) 15箇所のループ付き webオーダーのキャンペーンで現在、ダイニーマコア1.8mmリフレクダブルコード10mをサービスします。 *JMWのPB Tarpシリーズはシルナイロン・シルポリの20d・ダブルリップストップ生地を採用しています。軽量で耐引き裂け強度がある軽量な生地です。表裏がなくPUコートがされていないのでコートの剥がれや加水分解等のベタつきは一切ありません。滑りが良いのでコンパクトに収納もできるのがシルファブリックの特徴です。 縫製においても針、糸、ピッチなど設定し、最良なセッティングを導き出し、縫製においても張り合わせにおいて針穴が露出しないダブルのフレンチシームで縫製、パーツのセレクト等、JMWの長いテント製作の技術と経験で縫製されています。