cap
"Midbill" Cap 2021 aw ver. JMW × velospica
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/19

"Midbill" Cap 2021 aw ver. JMW × velospica

¥6,930 税込

送料についてはこちら

  • Orange × Olivegreen Tape

  • Navy x Navy Tape

JMW x velospica "Midbill"Cap 2021. AWのJMW 's ミッドビル・キャップです。 今回のカラーは2色 オレンジ × オリーブグリーンテープ ネイビー × ネイビーテープ 意外と合わせやすいオレンジ × オリーブグリーンテープに オーセンティックなありそうで無かったネイビー。 どちらもサイドに配した白メッシュに映える絶妙な2色。 無地ボディ。そして背面に小さくJMW の「〰︎」のディテールは変わらず。 オレンジには白い「〰︎」 ネイビーには深大寺レッドの「〰︎」 もちろん、ツバ裏をマットブラック。 光の反射を抑え、水面の照り返しを抑える釣り専キャップとしてのギミックです。 製作に至る経緯は以下に。 Midbill Story velospicaと陣場山・和田峠を目指して陣場街道をライドしてる時の話。パタゴニアのスプーンビルキャップが大好きなんだけどツバの長いフィッシングキャップって最近無いから欲しいんだよね、なんて話したら 「実はウチでロングビル作りたいとずっと思ってたんです。流行ってないからあまり売れないだろうけど」とvelospica。 これがちょうど2年前。2019年の夏の話。 年が明けると直ぐに原宿でとあるイベントにJMWで出店する事になり、隣にブースを構えていた吉祥寺「The Apartment」の連中と仲良くなった。「うちはロングビル好きなんですよ」とノースフェイスの古着に混じり古着のロングビルキャップを見せてくれた。うわ、これめっちゃカッコいい。 これは1年半前。2020年1月の話。 僕はショートビルなキャップが大好きだし、ロングビルも大好き。でも被りたくなる様なロングビルって意外と見当たらなかった。パタゴニアのスプーンビルよりもツバが少し短く、カブーのストラップキャップよりツバが少し長いやつ。 GWが明けるとそんなちょうど良い長さのキャップのツバ型をvelospicaが持ってきた。僕らはそれに「Mid Bill(ミッドビル)と名前を付けた。ボディは5パネルのジェットキャップにした。パタもカブーも4パネルだったから、って理由だけど、そこはさすがにvelospica。完璧に調整してきた。しかもvelospicaのテイストをしっかりと練り込んで。 しっかりと日差しを遮ってくれながら邪魔にならないちょうど良い長さのキャップ。日焼けを防ぎ、偏光レンズの中に光を入れず水面の視界を確保したり。 今回、既にvelospicaでリリースされているミッドビルキャップと同じボディにJMWはカラーオーダーを入れました。そしてJMWモデルは後ろのストラップを髪の毛を束ね易くするバックル仕様にしました。これはお客様からの意見のフィードバックです。 ツバが長いの欲しかったんだよね、って人が居てくれたら嬉しいです。 size:free ※JMW web shopでは基本的に別会計であった場合の梱包発送を行っておりません。複数の納品書をマッチングさせる作業が困難であり、特別な場合を除き、納品書に基づいた梱包で発送します。 ※商品によって配送方法が異なります。小物、アクセサリー類など、厚さ3cm以内に治る商品は郵便局のクリックポスト、レターパックなどの送料を抑えた配送方法でお届けしています。これらの商品は基本的にポスト投函になりますので、時間指定のリクエストを受け付ける事が出来ません。尚、配送方法(シッピングメソッド)は商品のページに記載がありますのでご確認をお願いします。