Toad Sack "JIMBA" Pack
5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc 5df98fbe7d31c954c127b6dc

Toad Sack "JIMBA" Pack

¥14,080 税込

送料についてはこちら

  • Black

  • White

  • S Size Black

  • S Size White

※現在の納期は受注日から約2週間になります。 ※お問い合わせの多かった小柄な方に向けて「Sサイズ」をラインナップしました。(適合身長は約155cm±5cm) Toad Sack”JIMBA"Pack “カエルの皮を被ったアルマジロ” JMWのアトリエは高尾山に繋がる主尾根の一つでもある稲荷山尾根の麓にあります。高尾山エリアは東京、及びに関東近郊エリアでもっともデイハイキングが盛んなエリアの一つでもあります。その高尾山エリアの中で最も長いデイハイキングのコースとして、高尾山から陣馬山への縦走トレイルがあります。このルートは私がアトリエの玄関から歩いていけるデイハイキング・ルートの中で最も長い、いわば"デイハイキングのロングトレイル"が高尾to陣場山トレイルです。 JMWはこの高尾山to陣場山を歩くデイハイキングの装備が全て入りる中で、最もミニマムで軽量な"ULデイハイキング・ナップザック"を作りました。そしてこのナップザックには、そのトレイルのゴールでもあり、シンボルマウンテンでもある陣場山から「JIMBA」と名付ける事にしました。 Toad Sack Silよりもっと積極的に、そしてラフ&タフに使い倒せるナップザック。それがToad Sack"JIMBA"Packです。 形はToad Sack Silそのままに。それは「羊の皮を被った狼」ではなく「カエル(Toad)の皮を被ったアルマジロ」といった感覚が近いかもしれません。 あらゆるシーンを想定し、更なる積極活用を目指して生地を30dシルナイロら強度に定評のある200d スペクトラ・グリッドストップに変更。 この生地の変更はToad Sackをパッカブルナップザックの枠から飛び出し、デイハイキングでの積極活用も視野に入る事を意味します。その為にToad Sack Silではオプションであったチェストストラップが標準装備としました。 そしてこの「JIMBA」の最大の特徴は背面下部に取り付けられたJMWオリジナル・ギミック"ホリゾンタル・ボトムポケット"。このボトムポケットはウォーターボトルを収納する"ボトル"ポケットとして機能します。 「ポケット」といっても1気室のナップザック。上部ロールトップが"正面玄関"と例えるならば、ボトムポケットは内部アクセス用の"勝手口”もしくは"裏口"と考えて下さい。どちらからも母屋に通じている構造です。 そんな底部にあるファスナーポケットはボトルを水平に収納するだけでなく、少ない荷物でもtoad sackのボトム形状とパッキングバランスをフラットに維持し、ボトル自体をパック形状を安定させるスタビライザーとしての機能を持たせてます。 ダブルスライダー仕様の為に背負ったままでの片側だけショルダーハーネスを掛けたままの、左右どちら下ろしにも対応し、イージーな内部アクセスを可能にしました。 メッシュポケットやファスナーなどのギミックを表に持たないタッドサックの"のっぺりフェイス"はそのままに。しかし内部へのアクセスを容易にするボトムポケットはJMW Jimba Packだけのオリジナルなギミックです。 ハイキングシーンではデイハイクのメインパック、そしてパッカブル仕様を生かしたサブパック、もしくはアタックザックや下山時の温泉バッグとして。 バイクパッキング・シーンにおいては最終コンビニからテント場までのアルコール及び食糧運搬パック、所謂、「テン場アタックザック」として。 もちろん、デイリー・ユーズでも。そしてビジネスシーンにおいては出張時のサブバックとして。 バックカントリーを意識しながらもJMWのフィロソフィーである「Hike,Bike,Fish &Life」全てのシーンで活躍する事ができるバーサタイル・ナップザック。それがToad Sackシリーズです。 Toad Sack"JIMBA"Packは1気室のナップザックです。 背面のファスナーからは内部にアクセスできます。 背面底部にファスナーを装備させた理由。それはボトルを収納する、形状を安定させる、という理由だけではなく 「ロールトップ式バックパックのアクセスの悪さを解消」 というのがあります。 咄嗟の雨。レインウェアを取り出す。風が吹いてきたときはウインドシェルを。そして行動食を取り出したり、外した手袋をしまったり。 これらは1気室のバックパックならではの使い方だと考えております。 そして背面底部付近にファスナーを配置したのは雨対策です。 もし正面や上部にファスナーに配置していると雨天時には雨水に直接晒されてしまい浸水に大しての不安がありますが、 JIMBA Packは背面底部にファスナーを配置する事で背中と腰に密着させ、物理的にも浸水がしにくい形状でもあります。 ※Packman Vestとウエストベルトで連結できるボトムループを装備。別売の「G Hook Buckle」と「Side Buckle Strap(近日発売予定)を使用すれば、JIMBA Packにショルダーハーネスとウエストで同期する事が可能になります。 ※ボトムポケットのファスナーのスライダータブは、右下ろし、左下ろしに合わせてどちらか片方のスライダータブを外す事をお勧めします。 Size H:630mm W:325mm Pack size H:170mm W:160mm Wt:195g(include chest strap) Fab:Spectra Rip X-Gridstop 200d