Off Craft ×JMW Folding Landing Net Titanium ver.(with Flap Mesh Bag)
5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb 5d5769266ffe3e12f3483beb

Off Craft ×JMW Folding Landing Net Titanium ver.(with Flap Mesh Bag)

¥34,100 税込

送料についてはこちら

次回分の製作も既に入っております。入荷日時、数量等は後日お伝えします。今しばらくお待ちください。 ※購入する時にコメント欄に希望のカラーを記入して下さい。 ランディングネットなどを得意とする木工作家naka mikio氏のブランド「Off Craft」の折り畳み式のチタンフレーム・ランディングネットです。網の手編みから染色も「Off Craft」の制作。 ※専用ストラップが付属します。 Net Fram Size:H:300mm W:230mm Grip Size:160mm Total Size:460mm Weight:120g 仕上げはとしてウレタンクリア仕上げは行わず、off craft製のオリジナル・オイルフィニッシュを施しています。ウレタンクリアを選択しない理由の一つに”オーナー自ら補修することが難しい”という理由があります。その点、オイルフィニッシュだと細かいサンドペーパーでワックスを入れるなどの方法で補修が可能になりました。 オイルフィニッシュだと浸水が心配だ、と思われる方もいらっしゃると思いますがoff craftのオイルフィニッシュ加工は浸透性の高いポリマー樹脂を染み込ませて、仕上げには更に硬化性の高いオイルで仕上げている多層オイルフィニッシュ加工を施しています。 外枠のフレームはランディングネット専用設計のチタン製フレームを使用しております。 Flap Mesh Bagは芯材が入っているのでネットの出し入れ時に潰れる事がありません。 ボトムが丈夫な化繊メッシュになっており保水せず、水抜けも良くなっています。 背面にはベルトループが装備されているので付属のストラップで腰に巻く事ができます。またPackman Vestのサイドストラップに通して装着する事も可能です。 「コヨーテ」「グレー」「オリーブグリーン」「マルチカム」「ブラックグリッド」の計5色。 生地はX-Pac 21VX、コーデュラ500d、スペクトラリップXグリッドを仕様しています。 「折り畳めるランディングネットといえばインスタネットですが、外国製のネットは、日本の源流域では大きすぎて使いにくい。小さめのもあるのだが見た目がイマイチ。などと考えていたところ友人がチタンでフレームを作るということでこれを使った見た目もいけてる折り畳みのランディングネットを作ることになりました源流域では邪魔になるランディングネットですが、こちらで解消されるでしょう」 子供の頃から釣りに親しんでいた私はよく親に連れられてレイクでのトラウトフィッシングに出かけました。まだ小学生の頃の話です。 芦ノ湖、中禅寺湖のモンスターブラウン。7.6fのロッドの先にはラパラF13。カラーは黒金。丁度、ヒメマスで有名な本栖湖で日本記録のモンスターブラウンが釣り上げられた頃だったと記憶しています。 当時、ブラウントラウトを釣った記憶はないですが子供の私には壊れないから、という理由で米国Handy Pak社のインスタネットを父親から渡されていました。金属製のフレームを丸く折り落ち畳むとコンパクトになるランディングネットにはそこそこ大きなブラウントラウトもネットインさせた事もあります。放流された止水管理釣り場での話ですが。 あれから30年。山に魅せられ山岳渓流での岩魚釣りを再開した私が手頃なランディングネットを探していると国内メーカーから渓流釣り用にダウンサイジングした小型のインスタネットのような折り畳みネットが販売されていました。周りの釣友からもネットからも忘れさられた存在のチープな折り畳み式のランディングネットを見て、私は子供の頃の記憶が蘇ってきました。 ハンディーパック社のインスタネットはマニア達がグリップをカスタムしたりケースを作って販売していたりと独自のカルチャーがあり、その話を奥秩父の渓で私が愛用していた某国内メーカーの小ぶりなインスタネット風ランディングネットをnaka氏に見せたところ、後日、私の為にメイプル材のグリップを製作してくれてプレゼントしてくれました。これが「Off Craft x JMW Folding Landing Net」プロジェクトの始まりでした。 「Off Craft」のネットは木工加工から網の編み込みから染色まで全てnaka mikioの手によって製作されています。 今回、JMW Web Shopでは綱の色を「橙色」にカスタムダイしてもらいました。そうです、岩魚の腹色。あのイメージです。 ※木工品の為に一つ一つ木目や色の入りが違います。ご了承下さい。 ※折り畳みにはコツが要ります。何度か折畳んでいるうちにチタンが変形してくる事がありますが使用に支障はありません。 折り畳み方は「Handy Pak Net Folding Instructions」と検索して頂ければ本家インスタネットのたたみ方の動画があるのでそちらも参照してみて下さい。